プログラム紹介

認定NPO法人 アジア教育友好協会(AEFA)
グローバル・チャレンジ・プロジェクト

学び合い、支え合うアジアの未来のための国際理解プログラム

  • メイン画像1
  • メイン画像2
  • メイン画像3

東南アジアで教育支援を行うNPOスタッフの体験を「生きた教材」に、日本と世界の関わりを知り、自分たちにできることについて考える「課題解決型」国際理解プログラムです。

対象 小学校5年生
小学校6年生
中学校全学年
関連教科 社会 
道徳 
総合的な学習の時間 
テーマ 国際理解 
授業形式 出張授業
時数 全3時限 ※オプション有 関連単元・題材 ■小学校 6年 社会
「世界の中の日本」
■小・中学校 道徳
「国際理解」
■中学校 社会(地理的分野)「世界の諸地域」
特長 東南アジアで教育支援を行う教育経験豊富な講師が、現地で見た東南アジアと
子どもたちの現状を伝えます。
当事者意識の醸成
講師が東南アジアのリアルな実態を伝えることで、アジアの課題を「自分と関わりのあること」としてとらえる。
行動意欲を向上
アジアの子どもたちから「生きる力」を学び、支援を考える事後授業で、課題解決への意欲を高める。
豊富な映像教材
学校に行きたくても行けない困難の中でも、学ぶ意欲を失わないアジアの子どもたちの様子など、多くのことに気づかせる映像教材を活用。

行動意欲を高めるリアルな社会問題の提示

学校が建設されても年月とともに子どもたちが通わなくなってしまった
アジアの国々のリアルな事例から、真に必要な支援について考えたり、
「講師自身が見て、感じたこと」を直接伝え、さまざまな社会問題を
投げかけたりすることで、子どもたちの行動意欲を高めます。

ポイント画像1

ポイント画像2

ねらい

・日本とアジアの国々が深く関わりあっていることを知ります。
・相手の実態を知り、学び合い、支え合うことが大切であることに気づかせます。
・アジアの国の一員として、自分がどのように関わっていくことが大切かを考えます。

進行概要

授業1
教員実施
(1時限)
■アジアと日本のかかわり
日本とアジアの国々が深く関わり合っていることを知る
映像視聴 グループワーク

授業2
出張授業
(1時限)
■東南アジアと子どもたちの生活の現状
-ラオス編-
NPO団体講師による出張授業
映像視聴

授業3
教員実施
(1時限)
■アジアの未来に向けてわたしたちができること
アジアの国の一員として、自分がどのように関わっていくことが大切かを考える
グループワーク

教材

  • ティーチャーズガイド
  • スライド教材
  • 映像教材
  • ワークシート
  • 教材画像1

    ティーチャーズガイド

  • 教材画像2

    ワークシート

  • 教材画像3

    スライド教材

その他

【特記事項】
※実施地域、実施条件等はお問い合わせください。
※本プロジェクトは、企業アライアンス型プロジェクトとして以下の企業に協賛いただいています。
株式会社近江兄弟社/株式会社カネマル中西商店/株式会社かんき出版/株式会社菊岡夫婦社/株式会社ケーエスアイ/株式会社こうゆう花まる学習会/鈴与株式会社/有限会社スラマット/セラフィック株式会社/ダイリキ株式会社/株式会社ディアーズ・ブレイン/株式会社ベスト/リーフラス株式会社 (五十音順)


■教材について
下記教材をダウンロードしてご使用いただけます。

 ・小学校教材のダウンロード[107MB]
  (ティーチャーズガイド、ワークシート、映像入りスライド教材)
 
 ・中学校教材ダウンロード[111MB]
  (ティーチャーズガイド、ワークシート、映像入りスライド教材)

 

お問い合わせ

認定NPO法人 アジア教育友好協会(AEFA) 
TEL: 03-6265-6490   FAX: 03-6265-6491
このプログラムに関するお問い合わせ

トップへ

おすすめプログラム

  • 化学教室プロジェクト

    積水化学グループ

    おすすめプログラム画像

    化学を通して地域社会へ貢献し、将来の化学を志向す…

    more

  • 美しい心のあり方を考える

    株式会社ワコール

    おすすめプログラム画像

    ワコールが考える変わらない美しさ、それは「人を笑…

    more

  • 未来の自分へ 健康パスポート

    武田薬品工業株式会社

    おすすめプログラム画像

    タケダでは、「病気になりにくい社会」の実現をめざ…

    more

  • おそうじについて学ぼう!

    株式会社ダスキン

    おすすめプログラム画像

    ダスキンでは“子どもたちに掃除の大切さを伝えたい”…

    more

プログラムを探す

プログラム検索

プログラムマップ

インタビュー
イベント情報
お知らせ
トピックス