プログラム紹介

新日鉄住金エンジニアリング株式会社
ごみをしげんにかえるしくみ

~循環型社会を考える~社会科・環境学習プログラム

  • メイン画像1
  • メイン画像2
  • メイン画像3

新日鉄住金エンジニアリングでは、今ある資源を有効に使うために、ごみを資源に変える取組みを行っています。ごみ処理施設をつくる会社として、子どもたちにごみに対する課題意識を持ち続け、主体的な取組みを続けてほしいという想いをこめて、このプログラムを開発しました。

対象 小学校4年生
関連教科 社会 
テーマ 環境 ごみ 
授業形式 出張授業
時数 全1時限 関連単元・題材 ごみはどこへ
特長 限りある資源を繰り返し大切に使うために、自分たちにできる“ごみを減らす
工夫”について考えます。
社会の課題と自分の生活を
関連づけて考える力を育成
ごみ処理について、今問題になっていることや、課題解決のための企業の取組みについて具体的に伝えることで、自分にできることを考え、取組むことの必要性に気づかせる。
興味を喚起する教材
映像や再資源化されたごみの実物などを提示し、学習に対する興味を高め、理解を深める。

課題解決に向けた行動の必要性を感じさせる学習構成

「埋め立て処分場がなくなってしまうかもしれない」という課題に気づかせ、埋め立てる量を減らすためにできることを企業の取組みを通して考えます。

ポイント画像1

ねらい

ごみ処理の課題を身近なことととらえ、ごみを減らすために、自分たちができることを考える。

進行概要

導入
展開①
・日本のごみ処理の課題を解決するために、
 ごみを捨てる側・処理する側、双方が努力
 しながら課題を解決していることを知る。
・今の日本が抱えている新たなごみ処理の
 課題に気づく。
グラフ読み解き

展開② 今のごみ処理の新たな課題を解決するために、
ごみ処理施設をつくる会社の工夫や取り組みを
知る。
映像視聴 実物教材

まとめ ごみ処理の課題を解決するために、自分たちが
できることを考える。
個人ワーク

教材

  • スライド教材
  • 児童用ワークシート
  • 実物教材
  • 教材画像1

    スライド教材

  • 教材画像2

    児童用
    ワークシート

  • 教材画像3

    実物教材

その他

【特記事項】
※実施地域、実施条件等はお問い合わせください。
※本プログラムの事前もしくは事後に、地域のごみ処理施設の見学と連動
 させると、ごみ問題についてのさらなる興味・関心を高めることにつな
 がります。

 

お問い合わせ

新日鉄住金エンジニアリング株式会社
マネジメントサポートセンター CSR・広報部 CSR室
TEL: 03-6665-2335 FAX: 03-6665-4819

お問い合わせはこちら
https://www.eng.nssmc.com/ask/

トップへ

おすすめプログラム

  • JEMAプログラム

    一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)

    おすすめプログラム画像

    一般社団法人 日本電機工業会(以下、JEMA)は、次世…

    more

  • オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム

    パナソニック株式会社

    おすすめプログラム画像

    オリンピックとパラリンピックを題材に、社会課題に…

    more

  • 未来の自分へ 健康パスポート

    武田薬品工業株式会社

    おすすめプログラム画像

    タケダでは、「病気になりにくい社会」の実現をめざ…

    more

  • 健康と環境によい住まい方

    株式会社LIXIL

    おすすめプログラム画像

    本プログラムは、「健康と環境によい住まい」をテー…

    more

プログラムを探す

プログラム検索

プログラムマップ

インタビュー
イベント情報
お知らせ
トピックス