プログラム紹介

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)
鉄道と情報ネットワークの秘密を探れ!

教科連動型プログラム

  • メイン画像1
  • メイン画像2
  • メイン画像3

安心・安全・快適な公共サービスを提供する役割を果たすために、鉄道会社がどのような取組みをして
いるか、情報ネットワークの観点から伝えます。

対象 小学校5年生
関連教科 社会 
テーマ 環境 
情報ネットワーク 
キャリア教育 
授業形式 出張授業
時数 全2時限 関連単元・題材 情報化した社会とわたしたちの生活
特長    
情報伝達を体験
「線路に木がたおれている」と
いう情報が入ったと仮定して、
メンテナンス社員、指令員、駅員になりきって情報伝達を体験。必要な人に必要な情報を的確に伝えることの大切さと、鉄道会社のしくみを模擬体験。
多面的・多角的な思考力を育成
切符とSuicaを比較する分析ワークや、電車が止まった場合の影響を複数の視点から考察するアクティブ・ラーニングで、多角的な思考力を育成。

ねらい

①鉄道の「社会での役割」と「自分たちのくらしとのかかわり」を理解する。
②鉄道の事例を通して、情報ネットワークによって社会がより快適に便利になっていることを
 理解する。
③情報ネットワークの活用は、環境問題の解決にも重要な役割を果たしていることを知る。
④情報ネットワークを効果的に活用するためには、人が果たす役割が重要であることを知る。

進行概要

授業1

45分
×
1時限
■「鉄道の情報化」と「環境問題とのかかわり」
・鉄道会社の仕事ってなんだろう?
・情報化された切符が鉄道にもたらした変化に
 ついて考えよう
分析ワーク

授業2

45分
×
1時限
■鉄道会社の「情報ネットワークの活用」
・もしも、線路に異常が発生したら、情報は
 どのように伝えられるのだろう?
・鉄道会社社員になって情報を伝え、駅での
 ご案内アナウンスを考えよう
・情報ネットワークを活用するための鉄道会社
 の工夫や努力を考えよう
分析ワーク 情報伝達体験

教材

  • スライド教材
  • 児童用ワークシート
  • ワーク用ツール
  • 教材画像1

    スライド教材
    (映像・音声
     付)

  • 教材画像2

    児童用
    ワークシート

  • 教材画像3

    ワーク用
    ツール

その他

【特記事項】
※JR東日本営業エリア内(東北・関東・中部の1都16県)での実施が
 基本となります。

■出張授業の取組について
※下記のURLから、東日本旅客鉄道株式会社の
 「出前授業による環境教育の展開」が確認できます。
 http://www.jreast.co.jp/eco/education/
 

お問い合わせ

東日本旅客鉄道株式会社 総合企画本部 経営企画部 環境経営推進室
TEL: 03-5334-1122 FAX: 03-5334-1106

トップへ

おすすめプログラム

  • ANA Blue Academy ミライつく~る

    ANAホールディングス株式会社

    おすすめプログラム画像

    ANAグループのパイロット、キャビンアテンダント、整…

    more

  • 子どもサマー・スクール

    株式会社みずほフィナンシャルグループ

    おすすめプログラム画像

    みずほフィナンシャルグループでは、夏休みに全国の…

    more

  • ゆめ・まち わくわくWORKプログラム

    阪急電鉄株式会社

    おすすめプログラム画像

    阪急電鉄株式会社は、社会貢献活動「阪急阪神 未来の…

    more

  • グローバル・チャレンジ・プロジェクト

    認定NPO法人 アジア教育友好協会(AEFA)

    おすすめプログラム画像

    東南アジアで教育支援を行うNPOスタッフの体験を「生…

    more

プログラムを探す

プログラム検索

プログラムマップ

インタビュー
イベント情報
お知らせ
トピックス