プログラム紹介

株式会社みずほフィナンシャルグループ
子どもサマー・スクール

~体験みずほ子ども銀行員~ ※本プログラムは東京 2020 公認プログラムです

  • メイン画像1
  • メイン画像2
  • メイン画像3

みずほフィナンシャルグループでは、夏休みに全国の支店で子どもサマー・スクールを実施しています。見学やワークを通して、銀行の仕事や、社会に果たす役割を理解し、お金について計画的に考え行動する力を育成します。

対象 小学校4年生
小学校5年生
小学校6年生
関連教科 総合的な学習の時間 
テーマ 金融・経済 銀行 
授業形式 工場・施設見学
時数 約120分
特長 参加した児童を「みずほ子ども銀行員」に任命。3つのミッションを提示。
児童は、「みずほ子ども銀行員」としてミッションに取り組みながら、
見学・体験を進めます。
銀行員から聞く
銀行の仕事・役割
ミッション1では、銀行の仕事(預金・貸出)について学ぶ。銀行の役割や社会のお金の流れなどを銀行員から直接聞くことで、深い理解につなげる。
夏休みの貴重な経験
「銀行見学と体験」
ミッション2では、ふだん見ることができない、銀行の裏側を探検。支店内の見学や「札勘練習」「挨拶体験」などにより、銀行で働く人の工夫を実感することができる。
※体験内容は、各支店で異なり
 ます。
お金について考える
力を育成するワーク
ミッション3は、お金について考えるワーク。ふだん使っているお金について、グループで話し合うことで、お金について考える力を育成する。

夏休みの自由研究にも使えるワークブック

銀行の仕事や役割について整理するとともに、体験や見学を通して学んだことを書き込むことのできるワークブックを無償提供します。
自分でまとめたり、お金について考えるワークに改めて挑戦したりするなど、夏休みの自由研究としてもご活用いただけます。

ポイント画像1

ポイント画像2

ねらい

・支店見学を通して、銀行の仕事や役割について理解する。
・グループワークを通して、お金について計画的に考え、行動できる力を育成する。

進行概要

オープ
ニング
「みずほ子ども銀行員」任命~ミッション提示

ミッション① 【銀行の仕事を学ぼう】
「銀行の仕事(預金・貸出)」と「銀行の役割」について理解
講 義

ミッション② 【銀行探検に行こう】
支店内の見学・仕事体験を実施
見 学

ミッション③ 【お金について考えよう】
銀行員の目線でお金を貸すワークを通じて、銀行の融資・銀行の役割について理解
※実施年度により内容は異なります。
グループワーク

エン
ディング
子どもサマー・スクールのまとめとメッセージ

教材

  • 児童用ワークブック
  • 板書シート
  • ワークツール
  • 教材画像1

    ワークブック
    ※実際のサイズはA4です。

  • 教材画像2

    板書シート

  • 教材画像3

    板書シート

  • 教材画像4

    ワークツール

お問い合わせ

※実施の有無や時期は、各支店によって異なります。

■お問い合わせ
株式会社みずほフィナンシャルグループ
コーポレート・コミュニケーション部 ブランドマネジメント室
TEL: 03-5224-2676   FAX: 03-5224-1021

トップへ

おすすめプログラム

  • 私の行き方発見プログラム

    パナソニック株式会社

    おすすめプログラム画像

    会社は利潤を追求するだけではなく、社会に貢献する…

    more

  • ANA Blue Academy ミライつく~る

    ANAホールディングス株式会社

    おすすめプログラム画像

    ANAグループのパイロット、キャビンアテンダント、整…

    more

  • 科学技術と人の幸せ

    大日本住友製薬株式会社

    おすすめプログラム画像

    本プログラムは生命や倫理などの正解が一つでない今…

    more

  • 環境にやさしい鉄道の秘密を探れ!

    東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

    おすすめプログラム画像

    社会インフラとしての「鉄道会社の役割」を理解し、…

    more

プログラムを探す

プログラム検索

プログラムマップ

インタビュー
イベント情報
お知らせ
トピックス